子供たちを気診

小さなお子さんでも調子の悪い子が増えているのでしょうか?

口呼吸だったり、噛みしめをされて気の巡りが悪くなっています。

また冷たい物や甘い物を食べ過ぎてエネルギー不足のお子さんも多いようです。

 

そんな時気をみると、噛みしめていると「肝」

冷たい物、甘い物食べすぎだと「腎」に反応があります。

またエネルギー不足でお腹の気が足りない時もあります。

 

面白いことにお子さん達は、瘀血とか水毒とかはないんですね(今見ている限りでは)

ですから、肝の気を流したり、腎の気を補ったりすると元気になっていきます。

何歳くらいから、瘀血や水毒になるのかなあと、そのあたりも興味深いです!

 

本日より大阪講座行ってきます。

ステキな週末を!!