答えはどこに?

大阪講座楽しく行ってきました!

本当に気診ができるようになるスピードがアップしているように感じます。

つい最近、講座でもう10年以上お話していることが、改めて私のお腹にストンと落ちた体験をしました。

2年生の講座の中で「気診的成長」というお話をするのですが、頭ではわかっていたのですが、実はまだお腹に落ちていなかったんですね。

気診の修行をしていくと、気が成長していってオーラが光始めるのです。

光が身体のあちこちから出てくると小田先生のご著書「気と気診」には書かれています。

気の成長が進むに従って、頭の上が光り、宇宙と繋がって・・・

仏像の絵のようになっていくのです。

「そしてそれは誰でもそうなる可能性を持っている」

「その種はご自身の中にある」

「蕾が開くように、花が咲くように」

そうご自身の中に答えがある!!

それがストンと落ちてきました。

「気と気診」には気診の修行の目的は

「己の仏性に目覚めること」

という言葉が何度も出てきます。

 

ますます気診をお伝えすることにワクワクしている私です。