瘀血①

昨日は友人と銀座の画廊にお邪魔して芸術の秋を楽しみました!

是非行ってみたかった草場一壽さんの個展と、天クリニックお隣の創英ギャラリーさんで行われているロシア正教のイコン展に。

草場さんの作品からは気が溢れていて驚きでした!

陶彩画という本当に美しいものでした。

 

今週までしています。よかったら!!

 

さて気血水です。水毒の次に多いと思われるもの、どんな方でも多かれ少なかれあると思われるもの、それが最後のテーマ「瘀血」です。

患者さんには「血の淀み」と説明をしております。

水毒が色白でぽっちゃりしているのに対し、瘀血の方は肌の色が浅黒く、体も硬いイメージです。

まとめです!

瘀血は冷えや暑さ、精神的なストレス、偏った食事、睡眠不足、脂質異常などにより全身を巡っている血の流れが滞った状態

 

(症状)肩こり、頭痛、腰痛が悪化、月経痛がひどい、長引く、シミやくすみ、

あざができやすい、皮膚や粘膜、歯肉、舌が暗紫色

 

(養生)温め、スポーツなどで体を動かす、脂っこいものは避ける、

お酒を飲みすぎない、食事が重要

 

(漢方)駆瘀血剤

当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、治打撲一方、通導散、

桃核承気湯、疎経活血湯など

腎を元気にする六味丸や八味丸にも駆瘀血の生薬が入っています。

 

(ツボ)血海、三陰交、太衝