立春

今日は立春。とても寒いですが暦の上では春ですね。

私は昔気学を習っていたので、立春からが今年です。

不思議なことに巡りがあって実感としてそのように動いているなあと何度も感じました。

気学の中でも木火土金水の五行を学び今に繋がっています。

いつでも人生に無駄はないんだなあと思います。

 

昨日は大忙しで午前が診療、午後から2本の講座でした。

忙しくても講座の中で座禅をするとかなりスッキリするのです。

特に長年気診をされている方のいる研究会ではそれを感じます。

診療でも患者さんの気がよくなると私も元気を頂けます。

なるほど気は交流しているのだなと感じています!

 

昨日は講座で、どこにカイロを貼ったら有効かと気でみてみました。

カイロは乾燥するのであまりオススメしないのですがどうしても風邪っぽ方はには有効です。

お一人はお腹、お一人は背中でした!

風邪(ふうじゃ)の深さによって貼る場所が異なるんです。

なかなか面白い発見でした。

 

さて今日はこれから「銀座なでしこ会」の5周年。

ケント・ギルバートさんのお話を伺ってきます!