陽明病

六病位の3番目は「陽明病」

実は私ここが気診ではよくわからないのです。

冷えているとか疲れてエネルギー不足とかはわかりやすいのですが、陽明病は熱がこもっていて症状は便秘。

陰病に入った方がよくなって上がっていくときもここは飛ばして2番目の少陽病になるし、上から落ちてきた時もここを飛ばして次の太陰病になるようなんですね。

でも順番なので書きますね。

体力が伯仲した天下分け目の戦い。病邪は裏(り)と呼ばれる身体の奥深いところの消化管に侵入。高熱が続き、熱臭のある汗が出てうわごとを言ったりする。舌はカラカラ、お腹は膨満、甚だしい便秘。

寫下剤を用いる。調胃承気湯、小承気湯。

結構緊急な状態なのでお会いしたことないのかもしれないですね。