1万時間の法則

桜が満開のようですね!

お花見予定が追いつきません(笑)

 

先日、出版プロデューサーの吉田浩さんのお話を伺ってきました。

 「出版業界のジャイアン」と呼ばれています。
 29年間で1500冊の本を出版プロデュースされた方です。

その方がおっしゃっていること。

どんなど素人でも1万時間を費やして修行したり、研鑽を積めば「プロ」になれるということです。

1万時間!

毎日3時間で1年で1000時間、10年で1万時間。

毎日6時間で5年ですね。

気診もそうだなあと思った次第です。

私が自分でも流れるようにスムーズに気診ができるようになったのは10年を超えてからです!

ここ3,4年でようやく納得がいく感じがしています。

ここまで約20年。

まだまだ極めた感覚はありませんので、さらに進化する予感はしております。

皆様も極めるところまで行きたい方は是非、このことを頭に入れておかれるとよいと思います!

 

吉田浩さんの「本を出したい人の教科書」講談社を読んでみられるとよいです!