怒りの感情

あちこちで地震が続いています。

大阪は被害が出ているようでどうぞお近くの方、お気をつけくださいね。

また被害にあわれた方のご冥福をお祈り致します。

 

さてここから感情についてのお話です。

気診を知ってから、感情がいかに大きく身体に影響を及ぼすかということを知りました。

またその感情を昇華する漢方があることも臨床の中で学びました。

感情は湧き出してくるものなので、止めようとして止められるものではありません。逆に止めると歪みとして残ってしまう場合もあります。

様々な経験の中で、また様々な感情の体験の中でそれを昇華する力をつけていくー言葉を換えれば自分の器を大きくしていくしか感情の問題を解決する方法はないのではと思っております。

特に怒りの感情は身体に対する影響がとても大きいです。

身体を壊してしまうほどの力を持っていると考えています。

先日私も久々に怒りの感情に巻き込まれました(笑)

ある会でお話していた時のこと、聴いて下さっている方の何名かがおしゃべりしています。もちろん関連する内容についてのようでしたが。

よい大人が黙って話も聴けないのか!!とだんだんイライラしてくることに。

その後の体験がいつものようにはうまくいかなかったんですね。

あーイライラしたからだ・・・。と思いました。

まだまだ修行が足りないなとも。

ガマンしないで明るく注意すればよかったんですね。

少々反省の私でした!

 

怒りの感情は「肝」を滞らせます。

肝が滞ると横にも上にも下にも気が流れなくなると言われています!

肝気鬱血。気が横にも上にも下にも回らなくなると言われています。

肝を滞らせる怒り、上手に発散してくださいね。