病因

金曜日と日曜日は「気診の学校」2年生でした!

今回は「病因」つまり東洋医学的な病気の原因です。

東洋医学は、現在起こっている症状よりもそれがなぜ起こっているのか?

そしてその大元の原因は何なのかというのを探していきます!

気診ではどこに気の異常があるかわかるので、何が原因になっているか推測しやすくなります。

今回は五臓の気の異常反応を調べて、どうしてそこに異常が出ているかご自身で考えて頂きました。

例えば「肝」に反応のある方

*お酒飲みすぎていない?

*目疲れすぎていない?

*ストレスかかりすぎていない?

・・・

こうして自覚して頂くことがとても大切で、すこーし気をつけるようになるのですね。

さらに今回はご自分で気の改善もして頂きました!

「肝」の気を流すのは酸っぱいものと緑のもの。

何を食べたいですか~~?

暑い折冷やしてさっぱりするキュウリの酢の物がよく出ましたね。

自分の身体の声に従って、自分に合うものを選択していくのです。

気診はとっても重要なスキルだと思っています!!