アーユルヴェーダ&気診講座

大阪から戻りました!

台風は寝ている間に過ぎ去って傘もささずに済みました。

 

その前日の木曜夜、新倉亜希先生とのコラボ講座。

北海道からスタートし大阪、沖縄そして今回の東京。

アーユルベーダ的な見方と気診的な見方。

自然療法的なアプローチ、未病に対応するという考え方は同じです。

そして自分の体質を知るということがとても大切なんですね。

アーユルヴェーダだったら、ヴァータ、ピッタ、カパ

東洋医学だったら気血水。

双方からのアドバイスは相乗効果を生むと考えています。

私はヴァータ体質。

よく動くから、よく食べてよく寝ないといけない。

今回の大阪行きも、金曜午前診療→三重県津のトータルヘルスのタカオカクリニック訪問→

翌日は豊中の愛整骨院訪問→3年生→翌日2年生2講座

そんな目が回る予定を入れても月曜日よーく寝て復活。

それぞれの体質に合わせた行動や養生があるのです。

 

これからは未病の時代。病気になる前に自分を元気にしておく方法を学ぶことが大切になってくると思います!