“みょうが”のおかげ

この夏は本当に暑かったですね。

五行論でいうと、夏は心に影響が出ます。

私も夏の暑さが始まった頃から、気で診ると「心」に反応がありました。

心を元気にする五味は「苦味」

苦味の食品一覧を気診すると、私にはみょうががピッタリ!

実は夏が始まってから、背中の心臓の裏あたりのコリが強くなってあららと思っていたわけです。

それがみょうがを食べ始めてからぴたりと止まり、食材のすごさを感じたのでした。

毎朝、みょうがと豆腐の味噌汁。

時々食べるそうめんの薬味にみょうがを入れて!

 

まだ暑い日があるので時々食べています!

苦みには冷やす作用があるのです。

 

アーユルヴェーダの新倉先生も苦みのお茶を作っています。

ブラフミー(ツボ草)のお茶です!

インド5000年のアーユルヴェーダの薬草史上もっとも大切にされるハーブだそうです。

暑い日に飲んだらスーッと頭が冷えました。

そうこのツボ草は「食べるIQ」と呼ばれているそうです。

 

食材の力って本当に素晴らしいですね!!