天クリ日記~肝気うっ血③~

月曜日いつもの日本経済人懇話会。とてもよいお話だったのでご紹介します。

講演者は、NPO法人森は海の恋人 の畠山重篤先生。気仙沼でカキ養殖を営む一方で、豊かな海を取り戻すために漁民による広葉樹の植林を行っている。2011年の震災ですべてをうしなうが、自然環境を活かした地域作りを進めています。この活動が認められて世界で5人のフォレスト・ヒーローズに選ばれたそうです。

森は海の恋人の訳は“The forest is longing for the sea” 皇后陛下のアドバイスを頂きこう訳されたそうです。

三陸沖が豊かな漁場なのは調べてみるとみると、ロシアのアムール河からオホーツク海そして三陸沖に流れ込む海水が大切なことがわかったそうです。ですから大陸の環境が大切なのだそうです。壮大なことです!

人間の身体も同じですね!まわりの環境や食べ物の影響を受けて健康を維持することができます。

さて肝気うっ血。東洋医学では目は肝とつながっています。パソコンを使うお仕事の方は、目が疲れて肝の気の流れが悪くなるようです。

目を休めること、そして頭を上に持ち上げるマッサージがお勧めです!