お屠蘇

日曜日、今年最後の講座が終了してひと段落です。

 

12月にお越しの患者さんや受講生の皆様に「お屠蘇」をお配りしています。

「病、未だ病まざるうちに是を治す」

山椒、桂皮、みかんの皮、桔梗、浜防風、おけらの茎葉という生薬が入っています。

ティーパックになっているので一晩、お酒かみりんにつけて元旦の朝から3日か5日まで頂きます。

子供の頃、母方の祖父の家で漆器の器で頂きました。

年少の者から飲むという習わしがあり、子供たちから頂いていました。

舐める程度でしたが(笑)

 

新陳代謝を身体を抑止、清建にして長寿をはかるという意味で処方されたと言います。

健胃の効果もあり、初期の風邪にもよいとのこと。

身体が温まるので、冬にはよいのでしょうね。

母は薄めて飲んでいます。

 

悪鬼を屠るという説など諸説があります。

平安時代からの習わし、新年に気持ちを新たにする儀式ですね。

 

来年皆様が健康でありますようにとの祈りを込めて!!