天クリ日記~水毒②~口が乾く

梅雨明けしましたね。これから夏本番ですね!

先日喫茶店で打ち合わせをしていたら、身体が強張ってきました。クーラーが効きすぎているんです。家ではドライをつけるくらいで滅多にクーラーのお世話にはならないので、ちょっと驚きでした。キンキンに冷えたお部屋でパフェを食べるなんて、どうにも身体に悪いような気がするんですが・・・。

身体の声を聴いてあげて下さいね!身体が本当に心地よい選択をして頂きたいなあと思いました。

水毒は本来あるべきところに水が回らず、部分的にポチャポチャ溜まっているイメージです。胃のあたりをポンポンと叩くと、水が溜まっているのがわかります。この時期特に水分を多く取るので、水回りが悪い方は水が溜まってしまいます。だからと言って水を飲まないのはよくないんですね。水をしっかり取って、巡らせることが重要です!

「気が主導的に血と水を動かしている」と言われています。ですからしっかりと気が巡る身体作りが重要なんですね。気を巡らせるのは呼吸が一番重要です。深呼吸、腹式呼吸、丹田呼吸、どれでもよいのでゆっくりじっくり呼吸法をするお時間を作って下さいね!

水回りが悪いと、身体の末端の方に潤わないのです。口が乾くもそうですね。しっかり水分を取って、(できれば温かいもので)、呼吸法をする、こんなアドバイスをしていきます。