水毒③~口は消化器系の入り口~

毎朝7時に志ネットワークの上甲晃先生のメールを頂く設定をしています。今日は以下のメールです。

小倉左羅さん

おはようございます。

 

725()

 

 すべての困難は、「あなたは本気か?」という天の試しである。努力を尽くして、なお成就しないこともあるだろう。だから、努力して損をしたなどと考えない。人生は、満足して生きるものではない。納得して生きるのだ。

 

 今ここで、何もしないまま自らの安全を確保するよりも、すべてを失ってもなお、「これしかなかったと納得する」生き方を、私はしたい。

 いつもこのメールで元気を頂き、自分の覚悟を確認できます。生き様はいかようにも自分で選択できるのです。私は上甲先生のように生きたいと思っています。

 さて水毒は、胃のあたりにぽちゃぽちゃと水が溜まっている状態のことをいいます。お口の中だけじゃなく、胃腸の症状が出てきます。食欲不振、悪心、吐き気、胃のあたりが重い、・・・すべてはつながっているのです。

 介護疲れで、動きたくなくて食欲がなくて、ふらふらする、口が苦い。かみしめていました。顎マッサージをして、顎を弛めて元気がでる補中益気湯1つまみ、水毒を改善する六君子湯、1/5包(0.5g)を飲んだらリラックスしてきました。食欲も出て庭仕事ができるようになりました。

 変化が早く、2週間くらいで改善したようです。そのまま漢方を飲んでいたらのぼせてしまいました。季節のせいかわかりませんが、漢方も夏バージョンに変わっています。温める漢方をお飲みの方はご注意くださいね!!