気診講座にて~続・感情を捉える~

東洋医学では病の原因を外因、内因、不内外因としています。

外因は暑さや寒さ、内因は感情、不内外因は疲労や暴飲暴食など。

内因の感情は七情といって、怒り、慶び、思い煩い、悲しみ、憂い、恐れ、驚きです。

これらの感情が強く、長く続くと病気になるということです。

それぞれ五臓に影響を及ぼしています。

 

なので切り替えが大切です!

怒ってもすぐ忘れる!

楽しいことを考える!

嬉しいことをイメージする!

 

そういうことで気は綺麗に変化します!

いつも笑顔で楽しくいたいものですね!!

 

諏訪大社で御柱を見ました!パワフルですね!

 

今から大阪です!

気診の学校3年生がスタートします。

素敵な週末をお過ごしくださいね。