気診講座にて~知識より体験~

気診講座では一応テキストを作って行っています。

でも大切なのは知識を詰め込むことではありません。

だから「覚えなくていいですよ」と伝えています。

必要な言葉はしっかり残っていきます。

何度も繰り返し出てくるので。

 

それより大切なことはその場の気を捉え、感じ、まねをすることです。

気診の気をしっかり掴むことができれば、胸鎖乳突筋が反応し気診ができます。

気を診断することも気を送ることも、気診の気は同じです。

何度も何度もその気の中に身を置き、その気を捉え、その気を使うことで自分のものになっていきます。

そしてそれがブレなくなった時、「気診ができる」となります。

 

気を掴んだらどれだけ使うかが上達のコツですね!