ふしぎな報告

 前回の大建中湯でよくなった鈴木さんから報告です。


 ご友人が多発性骨髄腫になって、毎日一生懸命気診して気を送ったんですね。

 私も相談は受けてアドバイスは致しました。でも毎日気を送ったのは彼女です。そして本日報告がありましたのでご紹介しますね。

 そんなことってあるのでしょうか~?というお話です。


 124日に入院して、抗がん剤とステロイドでの治療。ただし、頸椎にガンがあるので、これは放射線治療。

 なのですが、放射線が混雑していて10日くらい待たされたそうです。

やっと順番が回ってきたので、事前にMRI で確認したところ、ガンがなくなっていたそうです。

 それも第6だか第7だかの、頸椎ごと取れて無くなってしまったんですって(^^)

 ガンは無くなってバンザイ\(^^)/なんですが、大切な頸椎ごとないので、首を固定しなくてはならない。


 1年間位はギブスで固定して、お風呂も寝たまま病院に運んで入れてもらう、といわれていたそうです。

 年が明けて、海外旅行から主治医が帰ってきて診察したところ『そのギブス捨てちゃいなさい』って()

 なんと、無くなった頸骨が修復されているらしいf(^_^;

 

 主治医もビックリ仰天だそうでした。

 不思議なことがあるって(^^)v

 よって、元気に退院。

 腰はまだ、コルセットなどしているようですが、痛みも全くなく太って帰られたようです。

とにかく喜んで、喜んで。病院でも、痛いことも苦しいこともなく、リハビリも自分で驚くくらい軽やかにできたそうです。

 信頼して素直に気診受けてくれると、現代医療では考えられないようなことが、実際に起こるのですね。


嬉しいです。ありがとうございます。

まずは、ご報告でした(^o^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です