依存心を減らす

1年以上噛みしめと身体の緊張で見えているAさん。最初は泣き通しで大変でしたが、徐々に絡まった糸がほどけるように改善していきました。泣くこともなくなり、楽しそうに話しています。でもまだ身体の緊張が取りきれません。先日、夜の予約がなかなかとれずご希望の日から3週間近く経ってしまいました。とりあえず漢方はお送りしたのですが、精神的に辛かったようです。

でもその中でハタと気づいたと言います。自分で何とかしなくちゃいけない状況に追い詰められて、頼ってばかりじゃいけないんだと思い当ったそうです。それで顎養生をして呼吸法をして、会社も休まず乗り切ったそうです。

そうなのです!改善する時に私に頼ってしていてはなかなか自立できません。自分で改善できた時初めて自信につながります。そして自分で何とかしようと思った時に、よくなる力が大きく働くようです。

今回の体験は彼女にとってとても良い方向に働きました。きっと必然だったのでしょうね!