長野に行ってきました

ISLIS学会。あずさ5号に乗って岡谷で乗り換え、飯田線で伊那市へ。そこから更に車で30分。ゼロ磁場近くの入野谷。実は母のお腹の中にいた頃、私は飯田線の沿線に住んでいました。父が長野の病院に派遣されていたのです。なので飯田線に乗ってみたかったというのが今回電車を選んだ理由です。その当時大雨で川が氾濫し、父は救急対応へ。母は一人で心細かったとのこと。川には上流から豚が流れてきたとか・・・。そんな話を聴いています。

さてISLIS学会は潜在能力や見えないものを扱う学会です。世界に会員さんがいらっしゃいます。

研究者の方の発表が多い中、私は脳波実験の結果と気診の臨床をお話しましたちょうどその前に「意識より身体の方が敏感」というお話があったので、気診も一緒だと思いました。頭で考えるとこうだけど、常識で考えればこちらだけど、実際身体は違う反応を示している、それを気診は捉えています。

身体のセンサーの何かを捉えれば、薬やサプリメント、食材の合う、合わないは簡単にわかるようになり副作用も減るだろうと結論づけました。色んなことは少しずつ進歩していくのですね。

また今回の主催のISLISの先生方が中心になって「地球幸福憲章」の旗揚げをされた旨ご報告がありました。各界の多くの方々の賛同を得て昨年9月9日に発表会をされたそうです。平和で幸せな未来を見据えてとのこと。

合わせて今後予定している「いやしビル」のお話もありました。

今後も楽しみです!!