桃核承気湯(2)

 ますはお知らせです!

 4月6日(土)以下の講演会があります。

 ご講演者は、知る人ぞ知る木村まさ子さん。キムタクのお母様ですラブラブ

 作家の神渡先生が毎回ゲストをお呼びしてご講演されています。


 こんな機会はないので是非いらして下さいね!

 お申し込みは下記です。

 私は自分の講座で行けないんですよ。とっても残念です!


 Sustainable College『こころの生態系づくり』第10回

『心にとどく愛のことのは』

~講師:神渡良平さん、ゲスト:木村まさ子さん~

【講師】 神渡 良平さん(作家、⽇本⽂藝家協会会員)
【ゲスト】 木村 まさ子さん(ことのは語り)
【⽇時】 2013年4月6⽇(土) 14時~16時半 (開場13時半)
【会場】 安岡正篤 銀座サロン 東京都中央区銀座3-10-7 銀座東和ビル6F
http://www.ymkj.jp/salon/
【主催】 照隅会
【参加費】 前売:3,000 円 当⽇:3,500 円 学生:2,000 円
※ご参加のお申込みは、以下のweb サイトにて受付けております。

http://kokucheese.com/event/index/78556/

 さて桃核承気湯の症例です!

 実はこの漢方をお出ししたことがないんですね。

 症例は気で送ったものです。なのでその方には一度もお会いしていないです。なので症例と言ってよいかどうか・・・。

 40歳女性

 6年前からにおいと味がわからない
 毎日発泡酒2,3本を飲んでいる

 

 写真で気診ー冷えて全体が緊張して目、鼻、耳、口、肩、背中、腰、お腹、足と気の異常反応あり。宿便の影響があるように思われる。

 つまり六根清浄という言葉がありますが、その逆ですべてが詰まってしまっている模様。そのため味覚や嗅覚に異常が出るのでしょう。

 とてもきつい(恐い)顔をされていて瘀血の反応がとても強い。

 養生指導ー顎マッサージ・鎖骨下マッサージ・ソケイ部マッサージ

       湯気を吸う

 漢方の気ー桃核承気湯の気を送る

 鼻は肺と繋がっています。肺は大腸と裏表の関係。

 大腸の調子がよくなると、肺も元気になって鼻が通ると考えます。

 養生を続けて嗅覚、味覚やや戻ってきました。

 瘀血も減って、桂枝茯苓丸が合うようになったのでお勧めしてみました。

 本当に漢方の気が届いたかはわかりませんが、症状は改善していきました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です