いのちのバトンタッチ

 先日銀座なでしこ会の代表、白坂亜紀さんと日本経済人懇話会の根本さんと、「いのちのバトンタッチをする会」代表の鈴木中人さんにお目にかかりました。素行会の頼経さんにご紹介頂きました。

 鈴木さんは`92年にお嬢さんを小児がんで亡くされて、その後ッ会社を辞められて小児がんの支援活動、いのちの授業を学校や企業などで講演されています。

 お嬢さんが亡くなってからしばらくは、そのことにも触れずにいらしたそうですが、ご自身が伝えていくべきことがあると感じ活動を開始されたそうです。


 いのちの輝き、家族の絆、生きる幸せ、働く喜び、良き医療など生きる力と感謝、感動を発信されています。


 今年4組のご家族をテーマにした映画をつくられていて、その映画を多くの方に見て頂きたいと思っています。


 

 10月頃に出来上がりますが、今からご予約(自主上映になります)できますので、ご希望の方はご連絡してみて下さいね。

 私の方にご連絡頂きましたらおつなぎ致します。


 気診関係の方は年末か来年1月に上映会しますのでよろしくお願いします!

 info@kisin-kenko.com



いのちのバトンタッチ

いのちのことづくり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です