その他」カテゴリーアーカイブ

陰虚の食養生

身体の水巡りには腎と肺が重要です。

以前にも書きましたが、水を回すのは肺。(東洋医学では)

腎は水を回すエネルギーを作り出す。

肺は乾燥に弱く、潤すものが必要。

腎も水が足りないと干からびちゃいます。

水分も大切ですが、食事でも潤すことができます。

ある時、声が出にくいという方。

食材を探していたら、「里芋」でした!

無事里芋で声が戻り喜ばれました。

食は重要ですね。

潤いを与える食材は他に

しじみ、豆腐、かぶ、大根、白菜、やまいも、れんこん

柿や梨、みかん、りんごもあります。

お米、小豆、ごま、はちみつもあります。

陰虚の養生法 2

東洋医学では陰と陽という考え方があります。

例えば上は陽で下は陰、背中は陽でお腹は陰、大人は陽で子供は陰・・・

臓は陰で腑は陽。

これらは裏表の関係です!

肺は陰で、その表は大腸になります。

つまり肺と大腸はセットで考えます。

肺が弱れば大腸も弱る。

東洋医学ではそのように見立てていきます!

さらに肺、大腸に繋がるのは鼻と皮膚。

このあたりに異常が出てきたら、おおもとの肺のエネルギーが落ちているとみていきます。

 

秋は乾燥するので弱るのは肺。

だから前回書いたように、湯気や呼吸法が大事。

さらに肺を元気にするのは「辛味」

香辛料を思い出していくといいですよ。

色では「白」

白くて辛いもの・・・次回は食で肺を元気にしてみましょう。

 

陰虚の症状

陰虚は水の不足。

身体の中の水とは血以外の水分

その症状は、口が乾く、のどが渇く、皮膚が乾く、発熱、咳、痰、かゆみ、便秘・・・

身体の中の水が足りない、巡っていないと起こる症状です。

 

気血水が足りないと、考えたり判断したりする力も落ちる・・・そう感じています。

そして足りないと滞りは裏表の関係であることが多いです。

滞っているから、表面や先の方に回らない、必要なところへ回らない。

ひとつではなく、様々な状態が重なっているように思います!

 

 

瘀血の症状

夏は水毒が優位なのに、秋になると瘀血の反応が強い人が増えるのはなぜだろう?と考えてみました。

 

夏は暑いので汗をかきます。すると体の中の水分は減るのでのどが渇きますから、水分を取ります。

でも胃腸が元気でない人や、水を巡らせる腎が落ちている人は水がうまく回らずたまってしまいます。ー水毒

 

ところが秋になると気温も下がり、外も乾燥するので汗は出なくなります。

水分の摂取量も減ります。

水毒は減りますが、血が濃くなり血の淀みは増えるのではないでしょうか?

さらに秋に弱るのは肺、大腸。

瘀血は便と一緒に出ていくので、秋になって大腸の働きが落ちると瘀血がたまる。

こんな構図かなと考えてみました。

 

瘀血による症状は、肩こり、便秘、シミ、クマ、あざ、ニキビ、頭痛、関節痛、痔、

心臓疾患、脳血管系の病などなど。

次回は瘀血改善養生法です!

残暑お見舞い申し上げます!

本当に毎日暑いですね!

皆様お元気でお過ごしですか?

東京で過ごすより、成田の方が何度か暑さが優しいです。

そしてマンションより一戸建ての方が涼しい気がします。

夜エアコンつけていなくても眠れます。

 

時間があるので、未来の形を構想(今は妄想)しています。

最終ミッション、“元気になるコミュニティ”作りの入り口に立ったようです!

 

まだまだ暑い折ご自愛してお過ごしください。

 

夏休みのお知らせ

ようやく梅雨が明けました。

急に暑くなると体がついていかないのでお気をつけくださいね。

冷房も上手に活用してお過ごしください。

夏バテ予防の漢方をひとつ。

清暑益気湯(せいしょえっきとう)

覚えておかれるといいかと思います!

 

さて夏休みのお知らせです。

8月8日(土)~19日(水)

ブログの方もしばしお休みします!

皆様、ご自愛してお過ごしくださいね。

水毒改善養生法③

水毒でお困りの方から

「水を飲みすぎですか?」

という質問を受けます。

 

そういう方もいらっしゃいますが、ほとんどはそうではなくて巡らせることができないのです。

ですから温めたり、呼吸をしたりすることが大切になります。

さらにきれいなお水は取らないとダメです。

淀んだお水が水毒ですから、きれいなお水を入れることは重要なことです。

川も流れの悪いところが淀みます。

お水というのは水分という意味なので、単なる水だけではありません。

 

また水毒を改善する食材もあります!

一部ですがご紹介しましょう。

気診の学校3年生食養生のクラスがありました。

この季節なので、「水毒」

合う食材は梅干しや昆布でした!

他にも夏のお野菜や果物も利水の効果がありますが、やや冷やしますので気温の上がっていない今はあまり出ないですね。

なす、きゅうりやスイカやメロンがその類です。

他にも枝豆、とうもろこし、ゴーヤなどなど。

その中からピッタリの食材を探すと練習をしています。

昨日は梅干しで水毒の鼻水が止まりました!

30年来悩んでいるそうです。

1年かけて食事で改善していきます。