その他」カテゴリーアーカイブ

水毒改善の養生法①

今年もまた大きな水害が起こってしまいました。

犠牲になられた方のご冥福をお祈り致します。

まだまだ危険があります。お近くの方は気をつけて!

 

さて今度は水毒改善法を書いてみましょう。

その前に!

なぜ体の中の水が滞ってしまうのか考えてみましょう。

 

一番の理由は「冷え」でしょうね。

身体が温かければ身体の中の気血水は順調に流れています。

しかし冷えると流れが悪くなります。

 

ですからまず水毒を改善するためには、身体を温かくすること。

そのためには、身体を温める!今の季節ならお風呂。

ぬるめのお湯でも浸かった方がいいですね。

冬なら湯たんぽ。心地よく温まり身体に優しい。

 

そしてもう一点。

冷たいものばかり飲まない!

体温は36℃

冷蔵庫から出したものは12~13℃

身体はその差を埋めるのにエネルギーを使うことになります。

暑い時期は冷たいものも必要ですが、温かいものも飲んでバランスを取りましょう!!

大阪行ってきます!

半年ぶりの大阪。

3年生食養生の最終講座です。

皆さんママさん。

いつか「親と子の気診教室」とかやってほしいなと思っています。

 

成田で作っている野菜、初収穫を迎えました。

 

そして梅シロップも出来上がり(美味しい!!)

テレビでしてしていた裏技で早く出来ました!

作るのは嬉しいものですね!

 

ではステキな週末を!

気をつけながら。

 

お店の空気

今はほとんど成田の実家で過ごしていますが、講座が再開したので週に2~3日ほど東京です。

飲食のお店も再開されているので、応援に出来るだけ外食しようと思っています。

(というか実家では三食作っているので東京では外食したい・・・)

微々たるものですが。。

 

少し前のことですがランチ時、お客さんがいなくて私一人(A店)

重い空気が流れています。

息が詰まりそう。

 

その前に入ったもう一軒(B店)も最初私一人。

そのような状況でも重さは感じず、こちらは気楽でした。

B店はその後次々お客さんが入って半分以上うまりました。

 

どのような状況にあっても、お客さんが楽しめる空気を作り出すこと。

それって大事だなあと思いました。

その瞬間を楽しめる空間にすることが、次につながるのではと思ってしまいました。

 

「笑う門には福来る」

ってことでしょうか。

 

 

 

 

梅子黄ばむ

「うめのみきばむ」

今、七十二候の本にはまっています。

日本には七十二もの豊かな季節があります・・・本の表紙にはこうあります。

5日ごとに移り変わる季節。

旬を楽しむことができます。

これから折々にご紹介していこうと思います。

 

今回は今週、梅の実が黄色くなる季節。

ちょうど届いた梅をシロップに。

ひとつは氷砂糖で、もう一つは黒砂糖ー黒うさぎーで。

いい香りです。

夏バテ予防に楽しみです!

 

生活の中に旬が入ってきて楽しみが増えました。

いかなる時も楽しむこと大切ですネ。

 

ブログで気診講座〜実践編⑵〜

雨上がりの庭で水滴がついたスギナが朝陽でクリスマスツリーみたいに七色に光っていました。

写メでは残念ながら伝わらないかな。

自然の素晴らしさ実感の日々です。

 

さて「ブログで気診講座」も最終回です!

 

気診は色んなことに使えます!

私がよく使うのは

☆気の反応のよい飲食店を選ぶー外さないです!

☆化粧品やサプリ、食材などの選択ー値段じゃないんです。

☆人生の選択ー大事なことはいつも気診でもみています。

 

他の方からの依頼があること

☆お仕事相談

☆相性、面接

☆ペットの健康相談

これらは専門じゃないのでお金は頂きません。

 

ご自身で工夫すれば色々なことに使えます!

頭じゃなくて、根っこに聴くというイメージでしょうか。

是非楽しんでお使い下さい。(おわり)

「気診の学校2020」のお知らせ

ようやく気診の学校2020スタートできます!

 

⭐️1年生  7月19日(日) スタート  10:30〜12:30  

楽しく気診を学びます。

身体に合うもの合わないものを選別します。

講師  田島さおり先生

 

 ⭐️2年生 

金曜コース 7月10日(金) スタート14:00〜17:00

日曜コース 7月19日(日)スタート13:30〜16:30

東洋医学のベースを学びながら、気診力をつけていきます。

講師 小倉左羅

 

⭐️3年生 (2年生修了者)

漢方クラスー7月4日(土)スタート15:00〜18:00

食養生クラスー7月17日(金)スタート14:00〜17:00

講師養成クラスー個別となりますので直接お問い合わせください。

講師 小倉左羅

 

⭐️大阪講座  3年生最終回 6月27日(土) 10:00〜16:45(昼休憩あり)

 

⭐️北海道講座 2年生は秋に延期になりました!

 

⭐️3年生修了された方は気診臨床研究会で復習できます。

第1木曜 14:00〜16:30

第1土曜 18:30〜21:00

 

詳細のチラシはこちらのブログから    https://kishin.ama-jissen.com/?p=4622

新しい日程はこちら

ただ、途中でまたコロナウイルスの影響でお休みになる可能性があること、ご承知置き下さい。

また下記お守りください。

*到着後手洗い、うがいお願い致します。

*消毒ご用意しておりますので入口でお願いします。

*講座中マスクを着けて受講下さい。

*体調の悪い方は後日補講を致しますので、お休み下さい。

 

皆さまのお越しをお待ちしております。

お申込は  amaclinic@ama-jissen.com までどうぞ!

 

ブログで気診講座〜実習編⑸〜

筋肉の硬さの違いはわかりましたか?

気診では胸鎖乳突筋を使いますが、実は全身の筋肉が変化しています。

肩でも腕でも太ももでも。

わかりやすいところを探すのも手です。

これが測れないかと筋硬度計で測ってみたんですが、ピクリともしなかったです。

きっと微妙な変化なんですね。

身体は不思議です!

 

では家にある色々なものを調べてみましょう。

お砂糖とかお塩とかお菓子とか、歯磨き粉でもいいですね!

ここで気診で基準としているものが「宇田博士の健康ふりかけ」

https://kenko-furikake.co.jp/

ごまと昆布とおかかとじゃこが入っています。

これは不思議なことに99%の方の身体が柔らかくなり、気が綺麗になるんです。

だから講座では毎回これをお配りして、筋肉が柔らかくなる状態を掴んで頂いています。

もちろんふりかけですから食べていただきます。

私はお味噌汁の出汁にしたり納豆に混ぜています。

 

筋肉の変化は最初微妙です。

それが続けていくとはっきりわかりやすくなります。

自分に合うもの合わないものを見つけることができるようになります。

一度身につけば一生ものの技術です!

 

 

 

ブログで気診講座〜実習編(4)〜

胸鎖乳突筋触ってみましたか?

結構長い筋肉なので、真ん中あたりをつまむとよいと思います。

親指と残りの指1本でも2本でも3本でも。

私は親指と、人差し指、中指を使って挟んでいます。

まずは柔らかい状態を捉えることが大切です。

「これが柔らかい状態ですよ」というのを掴まないと硬くなるのがわかりません。

これもネットではできないんですよね。

いつも私がお一人ずつ、摘ませて頂いております。

 

私が摘むと「わかりやい!!」と言われます。

ご自分の首なのに、私が摘むと他の方の筋肉のように柔らかくなったり、硬くなったりします。

不思議ですね!

気診を続けていくと、よりはっきりと反応してきます。

変化のスピードも早くなります。

 

では実際に!

何も持たない時と、携帯電話の上に手を載せた時の胸鎖乳突筋の硬さの違いを比べてみましょう!