講座」カテゴリーアーカイブ

ブログで気診講座〜実習編⑶〜

緊急事態宣言が延期されました。

新しい感染者は確実に減っているのでここが我慢のしどころですね。

可能性のあるお薬も次々検証されていますし。

対応されている医療機関と医療従事者の皆様に感謝です!

 

さて座禅はうまくできましたか?

うまくしようと思うとうまくいきませんが。。

また気になることがある時も落ち着かないので無理せず、次の機会にします。

 

ではいよいよ気診。

手の平をセンサーに首の筋肉、胸鎖乳突筋を使って気を判断していきます。

左右の胸鎖乳突筋柔らかい方を使います。

反対の手で胸鎖乳突筋をつまみます。

身体が緊張している方、冷えている方、噛みしめている方は最初からこの筋肉が硬いです。

なので、準備編の段階が重要になります。

筋肉が柔らかくないと、硬くなる変化はわからないので気診はできません。

さらに胸鎖乳突筋を毎日つまんでいると少しずつ柔らかくなってきます!

 

胸鎖乳突筋

 

 

 

ブログで気診講座〜実習編⑵〜

静かな呼吸は出来ましたか?

なかなか集中して20〜30分座るのは最初難しいです。

でもその内にあまりにも気持ち良くて、ずっとずっと座っていたいと思うような感覚になる時が来ると思います(多分)

さて呼吸に意識を向けられたら、今度はイメージを付けていきます。

吸う時は足の底から大地のエネルギーを吸い上げるイメージ

そして頭のてっぺんから出していきます。

吐く時は頭の上の天の気をずっと降ろしていくイメージ。

天と地と自分が一本のラインで結ばれるイメージです。

自分の中に気の通り道ができて下は地面に繋がり、上は天と繋がる感じですね。

 

最初はチョロチョロと細い管が、呼吸法を続けるとだんだん太くなって中心が揺らがなくなるのです。

そうなると気診はかなり上達します。

 

そのうち頭の上からシューっと気が出てきますよ。

こちらも私の主観的な体験談ですが(^_^)

 

ここでポイント。

力を入れないことです。

いっぱい吸おうと頑張ってしまう方もいるのですが、力を抜いて静かな呼吸に集中した方がよいと感じています。

花が咲くように自然に開いてくると感じています。

ブログで気診講座〜実習編⑴〜

さあいよいよ実習に入ります。

 

がその前に、感情をコントロールは感情に巻き込まれないことです。

気診をすると、相手の感情を感じるほど敏感になることもあります。

また悲しい時は細胞の全てが悲しみに打ち震えるのを感じます。

楽しい時は細胞が踊っているような感覚です。

これらは主観的な表現ではありますが。

感情はとても豊かになるのです!

身体が固まっていないから、様々なものの振動をキャッチできるのではと思っています。

 

さて実習の最初は「座禅」です!

まずは静かに呼吸だけを意識します。吸って吐いて。

講座で一緒に座禅することよって気診の気を掴んできます。

ここがメールなどでは残念ながら体感できないところなんですね。

何年も勉強されている方々はメール上でも気を捉えて判断されます。

でも初心者の方には難しいですね。

 

まずは力を抜いて呼吸だけに意識を向けること。

自分の中を静かにすること。

お時間がある時なので、数分からでもトライしてみてください。

 

 

 

 

 

ブログで気診講座〜準備編⑷〜

枠を外すというお話をしました。

こうでないと嫌、こうでなければダメ、

これしか受け入れ不可。。。

気診力をアップするにはマイナスかと思います!

 

小田先生は何でもありでした。

漢方も鍼灸もある時は宗教的なことも・・・

様々な見方をされていたと思います。

そしてその柔軟な発想力が気診を生み出したと思います。

 

コロナウイルスが収束した後、世の中は大きく変わると思います。

変わらざるを得ないのではないかと思っています。

こうであらねばならぬと思っていてはついていけないでしょう。

発想の転換

柔軟な見方

そういったことも気診にとって重要な要素だと思っています!

 

 

ブログで気診講座〜準備編③〜

前回は感情のお話致しました。

でもコントロールしているうちはまだまだなんです。

自分の中が静かになるのは、別にコントロールの必要がないので。

そのことがとても大事なのは、「ご自分が楽になるから」です。

感情に巻き込まれていると、よい解決法があっても見えないのです。

良い方向にいくものもいかなくなるというもったいない状況になります。

 

さて今回のテーマは「枠を外す」

気診は今の時代では常識ではありません。

常識にとらわれていては、見えないものがある。

自分の枠を外して、こうかもしれないと思える自分になること。

盲信ではない、常識を越えた発想や捉え方ができること。

そんな訓練が必要です!

 

ブログで気診講座〜準備編⑵〜

皆さま毎日感じることなさいましたか?

朝天気の良い日に洗濯物を干す時の気持ち良さ。

昼間庭の草取りする時の太陽の暖かさ。

そんなことが私にはとても気持ちよいです。

 

頭じゃなくて身体が感じる心地よさを大切にする事です。

特に今のように世の中が混乱している時に自分の心を保つために是非一瞬でも良いのでそんな時間を持ってください。

 

さて準備段階2、更に難しい「感情のコントロール」です。

現在のような状況ですと、不安や怒り、恐れの感情に苛まれるかもしれません。

外側の状況に振り回されない、心の平安をご自身の中に作るのです。

 

これは気診講座をしていく中で徐々に培われていくようにも思います。

そしてその事が気診の上達にも、体を治すのにもとても重要なテーマとなります。

 

 

ブログで気診講座〜準備編⑴〜

気診の学校の生徒さんから、気診講座の予習復習ができないかとお問い合わせを頂いたので考えてみました!

まずは気診を学ぶための準備段階です。

身体が緊張していたり、気持ちが上の空、あれこれ考えていると気診はうまく出来ません。

身体を弛め、考えずに感じることを優先することが大切です!

 

身体を弛めるには、「顎ゆるマッサージ」

噛み締めていたら身体弛みません!

肩を上下させるのも有効です。

 

さあ難しいのは頭をゆるめること。

どうしても考えることが先にきます。

情報が多すぎて自分で感じることが苦手な方が多い気がします。

情報は全ての人に合うわけではありません。

でも自分の感性は自分にとっては正しい(はず)

気持ちいい?快適?楽しい?

感じる時間を作ってみましょう!

 

 

 

お知らせ 4月9日

東京はますますコロナ陽性の方が増えています。

そこで以下のようなことを決めました。

高齢者を抱える身としては少しでもリスクを減らしたいと思い決断致しました。

ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 

<個別気診について>

緊急事態宣言が撤回されるまで、遠隔気診のみとさせて頂きます。

遠隔気診の手順

①上半身または全身のお写真を下記までお送り下さい。(お洋服は着たままです)

amaclinc@ama-jissen.com

②気診をして、結果をメールに添付してお送りします。

③お電話やメールなどでご相談にのります。

④ご請求書もメールでお送りしますので、お手すきの時にお振込お願い致します。

 

<気診の学校2019>

昨年スタートしております「気診の学校2019」の最終回がまだ開催できておりません。

気診講座は気を感じる実習がメインのため、現在のところ遠隔での講座はしておりません。

最終回を5月に予定しておりますが、状況によってはさらに延期の可能性がありますことご了承ください。

後日個々にご連絡致します。

 

<気診の学校2020>

今期スタート予定の気診の学校2020は6月スタートの予定でおります。

ただ2019の最終講座が延期になった場合はさらに延期になる可能性がありますことご了承ください。

後日個々にご連絡致します。

 

 

<消毒薬について>

ゼロのちからの㈱グリーンウインド森本社長より、消毒薬取り扱いのお知らせがありました。

ナチュラル銀イオン水

10L入りは一箱からで定価は25.000円。
スプレー500mlは一箱に20本入ってます。(一本定価2.500円です)
スプレーは一本からでも購入可能(送料もったいないけど)

必要な方は直接、グリーンウインド様にご連絡ください。

気診関連の方はおまけしてくださるそうです。

(株)グリーンウインド

 

<浄水器ノアご購入された方へ>

浄水器の石の部分が令和版にバージョンアップされました。

実家で取り付けたところお茶の味がますます美味しくなりました。

石の部分のみの交換は、5500円+送料だそうです。

今までお使いの石はお風呂などに入れてお使い下さいとのことです。

ご希望の方は小倉までご連絡くださいね。

 

皆さまが無事でいらっしゃることを心よりお祈りしております。

当面成田にこもっております。

何かございましたら、いつでもメール、お電話下さいませ。