」カテゴリーアーカイブ

風邪取ります!漢方編①

「宇田博士の健康ふりかけ」新しいのが届きました!

ご希望の方はお声かけくださいね。

新しいのは反応がよいです!

3か月位で召し上がることをおススメしています。

また浄水器やシャワーヘッドのカートリッジも前もってご連絡頂けたら取り寄せておきますのでどうぞ。郵送もしております!

 

さて風邪(ふうじゃ)取り、次はいよいよ漢方です!

以前にも書きましたように、風邪には段階がある。

風邪がどこについているか、どこまで入っているかで漢方が違うのです。

風邪がくっついたばかり。首筋が凝るとか、肩が凝るとか、手足が冷えるとか、頭が痛いとか、喉がちくっとするとか・・・。

ご本人もまだ風邪??と思う程度の段階は「太陽病」

漢方は葛根湯や桂枝湯、桂麻各半湯などなどです。

汗ばむ季節になると葛根湯は出なくなってきます。

気診は自分にどの漢方が合うでしょう?と自分の身体に聴いてあげるのです。

答えは自分の身体が知っています!

風邪取ります!続き

新緑の美しい季節です。

気温の変化が大きく体調崩しやすいですね。

ご自身の中身がどれだけ温かく、充実しているかが風邪を中に入れないポイントと思います。

だから養生が大事!

呼吸と食事が基本です。

そこにプラスアルファできるのが漢方。

漢方の材料はほとんと植物です!

他に動物や鉱物。

なんと絶妙な組み合わせ!といつも思います。

きっと気がみえる人が作ったに違いないと思っています。

 

気診では、風邪(ふうじゃ)の段階に合わせて漢方を選び、その気を入れます。

ふりかけと同じようにふりかけるのです(笑)

続・風邪取ります!

風邪(ふうじゃ)は早めに養生して取ることを書きました。

今回は「気」で取ります。

ここからが気診の講座になります!

目に見えない気をどう伝えるか。。。

これは技術を同じで、感じて頂いて伝えていくしかありません。

その中で出会った「宇田博士の健康ふりかけ」

もちろん食べるものですが、こちらの気が気診の気と同じです。

そのふりかけを鏡の自分にふりかけて風邪を取る(笑)

まずはこれを身に付ける!

ふりかけた自分がどう感じ、どう変わるか、それが感じられたら、気診の世界の第一歩成功です!

風邪(ふうじゃ)取ります!

桜が満開ですね!

気温の変化が激しいこんな頃、風邪がつきやすくなります。

毎日毎時間、風邪(ふうじゃ)はくっついたり離れたりしています。

冷えている時、疲れている時、ストレスかかっている時・・・。

風邪はくっつきやすくなっています。

風邪はくっついただけなら、温かいものを飲んだり、お風呂に入ったり、軽く運動して汗をかけば取れてしまいます(具合の悪い方は別)

背中がゾクッとしたら、喉がちくっとしたら、肩が凝ってきたら、「風邪(ふうじゃ)!」と思って対応すれば、風邪(かぜ)を引かずに済みます。

ところが、無理をして、そのままほおっておくと風邪に入られてしまいます。

まずは早めの養生が大事!!

温かいものを飲むとか、温めるとか、初期なら汗をかけば汗と一緒に風邪が取れます。

私は温かくして寝る!という手を使います。

風邪(ふうじゃ)付いています!(2)

風邪を取るのがとても重要とお伝えしました。

それがうまくいかないと、オーラがぼんやりくすんだようでスッキリしません。

気診が上手にできるかの5割くらいを左右しているといっても過言ではないのです。

 

「気診で元気!」小倉才子著 幻冬舎ルネッサンスより

(写真がボケててすみません)

風邪(ふうじゃ)が付いていると、左の絵のようになります。

押しつぶされたようで身体が重くて元気がでません。

風邪(ふうじゃ)が取れると右の絵。

身体は軽くなり、元気が出ます。

 

気診の創始者小田一先生(兵庫県の整形外科医)の時代から数えたら、約50年くらい、この体のまわりの気の存在と、気の異常反応についてお伝えしているのですが、気が医療の対象にならないんですよね。

どちらにアプローチしたらよいかご存じの方は是非お知らせください!

この領域の研究が進んだら、今わからない病の原因や改善法がわかると考えています。

気診ではまずこの風邪(ふうじゃ)をきれいに取る練習をしていきます。

次回は、風邪を取る方法についてお伝えします。

風邪(ふうじゃ)付いてます!(1)

庭にたくさんの土筆が出ていました。

子供の頃、よく皆で取って佃煮にしたものです。

袴取りは子供たちの役目。

お醤油と鰹節で煮た土筆が大好物でした。

今年も少し取って佃煮にしました。

春の味です!

 

さてこの時期に問題は「風」

これは六気(ろくき)といって季節の影響です。

冬は「寒」、夏は「暑」、秋は「燥」そして春が「風」です。

他に「湿」と「火」があります。

これらが病の原因になると六淫(ろくいん)と言われます。

身体に影響を及ぼすと、邪をつけて「風邪」や「寒邪」となります。

気診では6つに分けることなく、身体が邪の影響を受けていたら「風邪」と呼んでいます。

頭の上に「風邪」がかぶっていれば、頭が重い、肩が凝る、目が辛い・・・など上の方に症状が出ます。

胴体のまわりに風邪が付いていれば、胃の調子が悪かったり脇腹に異常が出たり・・・。

足の周辺についていれば、足が冷えたり、浮腫んだり、重かったり、腰が痛かったり・・・。

気診ではこの「風邪(ふうじゃ)」を上手に取れるかが、状態改善にかなり影響するとお伝えしています。(つづく)

 

 

ヘナ

時々美容院で、ヘナをしてもらっています。

最初に勧められた時、「デトックス」という言葉に響いたのです。

そしてして頂くと、身体中をエネルギーが駆け巡るような感覚でした。

ところがどうしてもにおいがダメで、美容師さんに相談したらいくつかの種類を混ぜているものから私が気になるものを抜くことができるとのこと。

それでにおいは気にならなくなりました!

それからはやって頂くたびに爆睡。

エネルギーが巡る感覚は初回だけでしたが、とても身体が緩むようで眠ってしまいます。

ありがたい癒しタイムになっています!

百薬の長

東京では孤食中。

先日はイタリアンでワインを一杯。

これがとっても私の好みの味で「幸せ!」と思ったと同時に、足の方に気が巡るのを感じた。

なるほど「お酒は百薬の長」とはよく言ったものだと思ったのです!

たくさん飲んだら体に悪いですが、少量のお酒は気が巡るんですね。

 

来週には東京も桜が開花しそうです。

少しのお酒でちょっと気を巡らせるのもよいですね!