」カテゴリーアーカイブ

気診力アップに必要なこと(1)

気診ができるようになってよかったことを生徒さんに伺うと

・自分で自分に合うものを選べるようになった。

・ちょっと調子が悪くても自分で改善することができる。

・無駄なものを買わないようになった。

・人生の軸が決まった気がする。

・不安が減った。落ち着いていられる。

・・・・・

気診の体験は終わりなく、新しい発見があるので私もとても楽しんでいます。

そこで今回は、気診力アップに重要なことをお話していきたいと思います。

まずは「自分が本来持っている能力である」ことを知ること。

自分の中に持っている潜在能力を引き出せば、気診はどなたでもできるのです。

できないと思っている人や、認めようとしない人はなかなか難しいかもしれません。

だから最初は半信半疑でも、強烈な気診体験をされた方は、感覚的につかむことができるようになります!

七十二候 水泉

先日鏡開きをしてお汁粉にして頂きました。

父は甘いものが大好きでとても喜んでおりました。

日本のこういった季節の風習は本当に素晴らしいなあと感じています。

その中に健康で元気でいることへの思いが詰まっているように思います。

 

「水泉温たかを含む(しみず あたたかを ふくむ)」

まだまだ寒さ真っ最中ですが、水の中は泉が動き始めた気配を感じる頃ということです。日本人は移ろう季節のかすかな兆しや気配のセンサーが習慣や環境で自然と養われたと「暮らしを楽しむ七十二候」にはあります。

かすかな気配を感じて楽しむ能力が豊かな民族なのでしょう。

 

秋に植えたチューリップの芽がほんの少し出ております。

庭の梅の木に花が開いてきました。

すこーしずつ春に向かって動いています。

今年は特に春が待ち遠しいです!

そういったところに目を向けて楽しみを見つけてお過ごしくださいね。

 

気診&メタトロン+西洋医学の検査

以前から興味のあった波動測定器メタトロンとコラボが実現しました。

波動測定器メタトロンについて

メタトロンは約40年前にロシアが宇宙飛行士の為に開発した機械です。
宇宙には病院がありませんので、自身の為の体のメンテナンスに使っています。
日本には約20年前に入って来ました。
地球にあるもの全ては周波数を持っています。
人間の身体にもそれぞれ固有の周波数を持っています。
その周波数が乱れて来ると身体に不調をきたしバランスを崩してきます。
波動測定器メタトロンは頭から足先まで周波数を測定し、細胞レベルの染色体、ミトコンドリア、D NA、ウイルスに至るまでの周波数を測定し不具合を起こしている部位を本来ある周波数に調整して行きます。
病気を治すということは元に戻すこと。

西洋医学と東洋医学を融合させた測定器、かつ周波数を調整する機器です。

理論は音叉と同じ周波数の共振共鳴です。
頭の頭蓋骨にヘッドホンを当て人間には聞こえない音を出してそれぞれ異なる周波数を送り今現在の周波数をひとつひとつ調べて行きます。
メタトロンは今現在から未来の予測が読み取れて行きますので、予防をする事により病気を遠ざける事により病気の予防ができるとされています。

これまでに20名ほどの皆様に受けて頂いておりますが、気診とメタトロンの結果が一致することに驚いております。

視覚的にわかること、細かいところも捉えていること、改善の波動も送れること(気診で診ていても改善がわかります)、私も気診の参考にさせていただくことがあります。

そこでメニューに入れさせて頂くことと致しました。

【気診メニュー】

気診のみ(初回50分)1万円  (2回目以降30分)7000円

メタトロンのみ(50分) 1万円

気診+メタトロン(初回100分)18000円  (2回目以降90分)15000円

(気診の学校受講中の方は割引料金になります)

 

◎ご予約可能日(気診+メタトロン) 気診のみは他の日程も可能です。

2月20日(土)銀座 16時

2月26日(金)三田 11時~18時

3月5日(金)三田 11時~18時

詳細の場所はご予約の方にお知らせ致します。

さらに西洋医学の検査をご希望の方は連携クリニックにご紹介致します。(保険診療)

お申し込みは、amaclinic@ama-jissen.comまでどうぞ!

自分の世界を作る

早々に成田山初詣に行ってきました。

いつものようにおみくじを引くと「吉」

自幼常為旅

いとけなきより つねに たびをなし

小さな子供のころから常に旅を続けてきた。

人生とはそのように変転きわまりないものだ。

・・・・・

労力を惜しまず、活発に仕事をするひとは幸せを得る。

正直にしていれば天の恵みを受けて成功する

・・・・・

いつもその時にぴったりの言葉を頂けます!

 

このコロナ禍で、動くことをままならずですが、今できることをしていきます。

その時、自分の世界をつくることをおススメしています。

頭の中は無制限です!

イメージはどんどん膨らみます。

それが実現するかどうかはわかりませんし、実現するかどうかはよいのです。

考えているだけで楽しい時間になります。

心を穏やかに少しでも楽しい時間を作るのに、私は頭の中の世界を広げています。

それがまた未来に繋がる予感がしています!

 

皆様お身体に気をつけてよいお年をお迎えください。

来年は7日頃にブログスタート致しますね。

 

感情を収める

改善していく方とそうでない方。

同じ状況でも違いがあります。

様々な要因があるとは思いますが、感情の問題が多く関わっているように思います。

現状に悲しみ、怒り、そして思い煩う。

先のことに不安になる。

この感情で気は簡単に変化します。

いかに平常心を保ち、冷静に自分の状況を見つめ、そして今何をするべきかと考えて動く。

そうできる方は改善が早い。またはよい状態をキープできる。

 

感情に巻き込まれている方には、こちらの言葉も通じない。

難しいけど、一番のテーマではないかと思っています。

泣いている場合ではないです!とまずはお伝えしています。

今できることを一歩ずつ積み重ねていけば今日より明日がよくなります。

 

1杯の白湯

まずはホリスティック医学の帯津良一先生の記事より

https://dot.asahi.com/wa/2020052900005.html?page=1

私のブログでもどうしたら自然治癒力が上がるかというお話をしてきました。

自分の治る力、それが大切なんです!

 

さて実家に、NOAの浄水器を付けてから毎朝、コップ一杯の白湯を飲むのが楽しみです。

夏は常温のお水。

気温が下がるにつれ、白湯にしてお湯の温度を上げています。

身体の中に沁みこんでいく感覚が毎朝嬉しいです。

今日は腰のあたりに流れていくのを感じました(不思議)

身体の70%が水分と言われています。

いかに身体に合うお水を取り入れるか。

 

以前、20種類以上のペットボトルのお水を気診したことがあります。

反応のよいお水は少なかったですね。

その中でさらに自分に合うお水はもっと少ないかもしれません。

 

頭じゃなくて身体の感性を高めて、自分にぴったりのお水探してみてくださいね。

現在、気診講座をしている銀座サロンに、NOAのお水のボトルを置いて頂きました。

講座にお越しの際は是非、お飲みになってくださいね!

匙加減

母の病気が見つかって1年と3か月。

入院が決まって、天クリニックを2020年1月いっぱいで閉めることにしたのが昨年10月終わり。

ありがたいことに母は今、家で何とか普通に日常生活を送っている。

3月に仏壇の前で滑って頭をぶつけた時、「治打撲一方」があまりにもよく効いたことから漢方のファンになり、それ以来私の言うことをよく聴いてくれる。

つまりそれまでは私の言うことも、漢方のこともそれなりにしか聞いていなかった。

 

それから母の漢方は10種類近く変わっている。

今は4種類の漢方を少量ずつ、朝晩に分けて飲んでいる。

もちろん日によって変わることもある。

その匙加減が難しい。

80代半ば。生きる意欲満々。

私はできるだけ応援したいと思っている。

この間、貧血が改善し、発疹が出ていた皮膚の状態がよくなり、口内炎が改善し、少し元気が出て・・・。

いくつになっても漢方は改善の方向に持っていけるのだと思った。

そしてこれは私の修行の一環だと思っている。

母のことを通して色んなことを学ぶ日々である。

 

風邪(ふうじゃ)の疑い

知人がコロナになったとのこと。

何か月も会っていないので接触していないが。

検査結果が出る前、やや症状が出て気診依頼があった。

葛根湯(初期だから。深くなったら漢方は変わります)

風邪の漢方です。

症状はすぐ改善。

やっぱり風邪(ふうじゃ)なんだ。

だとしたら身体を温かくして、よく休み、疲れをためないこと、湯気を吸って呼吸法という基本の養生が効果があると思う。

漢方をなめることも養生になるだろう。

人によって違うので何が合うかが問題ですが。。。

 

風邪(ふうじゃ)を吹き飛ばし、やや潤いをいれるもの。

浅ければ葛根湯や桂麻各半湯、桂枝2麻黄1湯といったところか。。

少し深く入れば、神秘湯もよいかも。

さらに深く入ればまた別の漢方だろう。

このあたりが難しい。。