月別アーカイブ: 2020年8月

瘀血の症状

夏は水毒が優位なのに、秋になると瘀血の反応が強い人が増えるのはなぜだろう?と考えてみました。

 

夏は暑いので汗をかきます。すると体の中の水分は減るのでのどが渇きますから、水分を取ります。

でも胃腸が元気でない人や、水を巡らせる腎が落ちている人は水がうまく回らずたまってしまいます。ー水毒

 

ところが秋になると気温も下がり、外も乾燥するので汗は出なくなります。

水分の摂取量も減ります。

水毒は減りますが、血が濃くなり血の淀みは増えるのではないでしょうか?

さらに秋に弱るのは肺、大腸。

瘀血は便と一緒に出ていくので、秋になって大腸の働きが落ちると瘀血がたまる。

こんな構図かなと考えてみました。

 

瘀血による症状は、肩こり、便秘、シミ、クマ、あざ、ニキビ、頭痛、関節痛、痔、

心臓疾患、脳血管系の病などなど。

次回は瘀血改善養生法です!

秋の養生法①

夏休みこんなことして遊んでいました!

 

食べるほおずき食べたいなあと思っていたらこんな素敵なお重が届きました!

京野菜のお重。

どれも野菜のお味が濃いです!

真ん中が食べるほおずき!

毎日楽しんで頂いています。

 

さあ秋に向けての養生法を書いていきましょう。

まずは秋は空気が乾いてきます。

燥に弱いのは「肺」

肺と裏表になるのは「大腸」

そしてその出先機関は、「鼻」と「皮膚」

つまり秋は、乾燥に気を付けて、皮膚や鼻の症状チェックが大切となります。

東洋医学の見方です。

 

肺を元気にするのは??

呼吸器ですから呼吸法です!

でもその前に、潤して行う方が肺が開きやすいので湯気を吸うことをおススメしています。

今いろいろな呼吸法がブームになっていますね。

ご自分に合うものを選ぶことが続く秘訣です!

養生とは続けることに意味がある!  (つづく)

処暑

8月7日に立秋が過ぎ、今日(23日)は処暑(しょしょ)

暑さがおさまる頃とのこと。

暦通り今日の東京は暑さが和らいでいます。

 

まだまだこれから暑い日がありそうですが、身体は秋に向かっています。

これまで水毒の反応ばかりが強かったのに、そろそろ瘀血(おけつ)の反応も出てきます。

人間も自然と一緒に変化しているのだなあと感じるときです。

 

瘀血の症状としては、こりや足の冷え

シミ、便秘などなど。

身体の中の血の淀みというイメージをしています。

これから瘀血についてまとめていきたいと思います!

残暑お見舞い申し上げます!

本当に毎日暑いですね!

皆様お元気でお過ごしですか?

東京で過ごすより、成田の方が何度か暑さが優しいです。

そしてマンションより一戸建ての方が涼しい気がします。

夜エアコンつけていなくても眠れます。

 

時間があるので、未来の形を構想(今は妄想)しています。

最終ミッション、“元気になるコミュニティ”作りの入り口に立ったようです!

 

まだまだ暑い折ご自愛してお過ごしください。

 

夏休みのお知らせ

ようやく梅雨が明けました。

急に暑くなると体がついていかないのでお気をつけくださいね。

冷房も上手に活用してお過ごしください。

夏バテ予防の漢方をひとつ。

清暑益気湯(せいしょえっきとう)

覚えておかれるといいかと思います!

 

さて夏休みのお知らせです。

8月8日(土)~19日(水)

ブログの方もしばしお休みします!

皆様、ご自愛してお過ごしくださいね。

水毒の漢方③

早速水毒の方からお問い合わせがありました。

そこで大事な漢方がひとつ抜けていたのでお知らせ。

「平胃散(へいいさん)」

教科書によっては理気剤(気を発散させる漢方)に入っていますが

私は利水剤に入れています。

朮、生姜が入っています。

胃がもたれて、消化不良症状あり。

胃が平らになるイメージですね。

名前の付け方がすごいですね。

 

私も飲んだことがあるのですが、胃のあたりがスーッとするんです。

もちろん合えばですが。。

漢方は奥が深くて、学んでも学んでも終わりが見えません。

でも気診を駆使しながらみるととても楽しいです!

 

養生と食事と、そして場合によっては漢方を使って水毒が改善できます!