月別アーカイブ: 2022年9月

気診+メタトロン 10月・11月 神楽坂

今日は爽やかなお天気ですね。

『気診の学校2022』の2年生は満席となりました。

また楽しみな講座が始まります!

 

さて10月・11月、気診+メタトロンの予定です。

10月8日(土)

メタトロン 12:00~

気診のみ  12:00~15:30

 

10月28日(金)

メタトロン 13:00~、15:30~

気診のみ  12:00~15:30

 

11月12日(土)

メタトロン 12:00~15:30

気診のみ  12:00~17:30

 

11月25日(日)

メタトロン 12:00~15:30

気診のみ  12:00~17:30

 

お待ちしております!

 

意思のちから

今年、実家の庭に百合があちこちに咲きました。

例年は1か所だけでしたのに、7~8か所で咲きました。

咲き終わった頃、病院に入った母の気をみたら捉えられなくなっていました。

空間に溶け込んだようでした。

楽になったのだなと思いました。

そしてその夜、私たちの到着を待って母は旅立ちました。

 

最期まで生きる意欲を持ち続け、食べることも諦めていなかったです。

「強いね」と弟や妹と話していました。

気持ちは本当に大事だと改めて思った次第です。

お陰でぎりぎりまで自宅で看ることができて、貴重な時間を過ごすことができました。

ありがたいことだと感じています。合掌

 

 

 

そのまま見る

感情に巻き込まれないようにするにはどうしたらよいか?

ずいぶん以前訓練をしたことがあります。

それは物事をそのまま受け取るのです。

何かが起こる・・・あーそうなのね。

そこに感情を入れない。

現象をそのまま受け入れるのです。

シンプルなのですね。

その訓練のお陰か、感情に巻き込まれることはなくなり、何と楽なことか。

物事を冷静に見て対応することができるようになりました。

ただそのまま見るです!

これは気診でも大事なので、是非身につけてみてください。

感情に巻き込まれない

これはとっても難しいのです。

身体を取り巻く気は感情によって変化します。

激しい感情は自分の身体をも痛めます。(気診で元気!より)

 

2000年以上前に書かれた東洋医学の古典には、病の原因として「七情」があるとあります。

つまり七つの感情が病気を引き起こすのです。

七つの感情は、怒り、喜び(過ぎ)、思い煩い、憂い、悲しみ、恐れ、驚きです。

これらの感情を引き起こした過去の出来事を思い出しただけでも、気は乱れます。

強く長くその感情を持ち続けたら、かなりの確率で病気になることと思います。

そのくらい気の異常が起こるのです。

その感情を変えることができるのはご自身だけです。

感情を抑え込む必要はありません。

自然に湧き出すものですから。

怒りや憂いの感情が起こったら早く手放すことです。

楽しいことを考えてもよいですね。