水毒の症状

身体の中には、気・血・水が流れています。

この気血水が足りなくなったり、滞ったりすると調子が悪くなります。

水ー血以外の水分ーが滞った状態が水毒です。

水滞とも言います。

この水毒が身体のあちこちに様々な症状を引き起こします。

先日も書いたように、日本は土地柄、湿気が多いので水毒で起こる症状で悩む方が多いのです。

主な症状を書いてみましょう。

どこに水が滞っているかで症状が違います。

代表的なものは胃腸の症状。

食欲不振、吐き気、嘔吐。

そして、めまい、ふらつき、むくみ

頭痛、身体の重さ、冷え

胸に水が溜まれば、咳や痰

お腹に溜まれば下痢

 

水は滞ると色んな悪さをするんです!

だから水回りを良くすることは、調子を良くする大きな要素です。