足りない

身体の中を「気」「水」「血」が巡りっています!

これらが滞ると様々な愁訴が現れます。

気が滞れば「気滞」

水が滞れば「水毒」

血が滞れば先日までお話した「瘀血」

 

でも具合が悪くなるのは、滞りだけではないのです!

実はめぐるものが足りないことで色々な症状を引き起こすこともたくさんあります。

今度は足りない状況について書いていきます。

 

秋なのでこれから空気が乾燥してきます。

まずは“水“が足りない”から。

これは東洋医学では「陰虚(いんきょ)」と言います。(つづく)