陰虚の漢方

身体の中の水分(津液)が足りなくなってしまうのが陰虚。

脱水とも考えられます。

その陰虚を改善するのが滋潤剤とか滋陰剤と言います。

私がよく使うのが「六味丸」

圧倒的に使用頻度が高いのがこの六味丸です。

腎虚にも陰虚にも、血虚と瘀血にも効果あり。

でも胃に触るので少量使います!

六味丸はすごいなあといつも思っています!

 

他には麦門冬湯(ばくもんどうとう)。気管支粘膜の乾燥です。

さらに悪化して水分が少なくて、身体が熱くなってしまった時は口やのどが渇いて、眠れなくなり、おしっこも赤くなってしまいます。

他にも滋陰降火湯(じいんこうかとう)や滋陰至宝湯(じいんしほうとう)

夏バテー暑邪によって気も減り津液も減ってしまった時は清暑益気湯(せいしょえっきとう)

夏にはお世話になりました。

どれが合うのか気の診断が大事です!