血虚の漢方①

私の貧血が改善したなと思われた漢方は「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」でした。

身体がとても温まり、お花のような香りがして当時とても飲むのが楽しかったことを覚えています。

胃に触らないかどうか、美味しいかどうか、そのあたりも判断の基準になります。

そしてある日、朝身体が熱くて目覚めるようになりました。

漢方が変わったのです。

漢方に変化があると心地よくなくなります。

ひとつの指標にされるとよいと思われます!