気が足りない

今、気は存在しないと思っている方はどのくらいの割合でしょうか?

私が気診を学び始めた20年前はまだまだ怪しいと思われていました。

気診の創始者、小田一先生が気診を考案開発された40年以上前はほぼ相手にされていなかったそうです。話によれば頭がおかしいと思われたと聞きました。

今回、気診検証の第一弾として主に気診の学校の皆様に、体験談をお願いしました。

1か月少しで59名の方々が体験談を書いて下さいました。

ご自身の症状が改善した方、ご家族が改善した方、またご自身の体験談・・・。

 

気=生命エネルギーと考えています。

その気が減ってしまったこと、それが「気虚(ききょ)」です!

西洋医学では検査ができない生命エネルギーの低下。

気が足りないことで調子が悪い方が、気診で元気になられます。

気を医療に入れたい!!

その一念で“気診”を続けてきました。