匙加減

母の病気が見つかって1年と3か月。

入院が決まって、天クリニックを2020年1月いっぱいで閉めることにしたのが昨年10月終わり。

ありがたいことに母は今、家で何とか普通に日常生活を送っている。

3月に仏壇の前で滑って頭をぶつけた時、「治打撲一方」があまりにもよく効いたことから漢方のファンになり、それ以来私の言うことをよく聴いてくれる。

つまりそれまでは私の言うことも、漢方のこともそれなりにしか聞いていなかった。

 

それから母の漢方は10種類近く変わっている。

今は4種類の漢方を少量ずつ、朝晩に分けて飲んでいる。

もちろん日によって変わることもある。

その匙加減が難しい。

80代半ば。生きる意欲満々。

私はできるだけ応援したいと思っている。

この間、貧血が改善し、発疹が出ていた皮膚の状態がよくなり、口内炎が改善し、少し元気が出て・・・。

いくつになっても漢方は改善の方向に持っていけるのだと思った。

そしてこれは私の修行の一環だと思っている。

母のことを通して色んなことを学ぶ日々である。