続・春だから

春になると東洋医学の五行でいう「肝」に異常反応が出てきます。

肝は自律神経と関わっているといわれています。

肝に反応が出てくると、イライラする、怒りっぽくなる、肩が凝る、頭が重い

前回書いたように、身体の上の方に症状が出てきます。

さらに東洋医学でいう「肝」は目と関係し、筋肉ともつながっているといわれています。

目が疲れる、目が見えにくい、足がつる、筋肉痛・・・これらも肝と影響しています。

東洋医学では、ベースの五臓を元気にしてバランスをとることが大切です。

表に出る症状はあくまでも五臓の異常の反映と考えます。

 

そこで根本である「肝」を元気にする必要があります。

肝を元気にするものは「緑のもの」と「酸っぱいもの」

今アスパラガスが合う人が多いです。

酸っぱいものは梅干し。

 

ただし、春だからと言って全員が「肝」に反応があるわけではありません。今自分がどこが落ちているのか把握することが大切です!

自分に合うものを選んで五臓を調えましょう!!

 

ちなみに冬に落ちるのは「腎」

腰から下に症状が出やすいです。