気診の学校2年生③ 「病態把握」

2年生3回目、ここでは気の捉え方を更に細かくみる方法を学びます。

2回目は身体のまわりの気の異常(風邪ふうじゃ)を捉えました。

これは身体から30~50㎝くらい離れたあたりの気の異常です。

3回目は、身体の近く及び身体の中の気の異常を捉えます。

ですから意識するのは、目とか鼻とか、肺とか腎とか感覚器官や臓腑そのものです。

そこに気の異常反応があるかどうかを気診で捉えていきます!

これを「病態把握」と呼んでいます。

 

意識を集中させてひとつずつイメージして気診していきます。

自分の病態把握をすることで、自分の弱さがわかります!