胸鎖乳突筋検査法

「身体に合わない物を持った時に、胸鎖乳突筋は緊張する」

「気の状態の悪いところに手をかざすと、胸鎖乳突筋は緊張する」

(気診で元気!より)

 

なぜ?と考えたら今はまだわかりません。

しかし、身体は知っているのです。自分にとって必要か必要じゃないか、合うか、合わないか、食べ物だけではありません。

人も場所も仕事も・・・。

人間はそんな素晴らしいセンサーを持っているのです。

そんな気がする、直感が働く、嫌な予感、、、そんな言葉で片付けられているかもしれませんが、知っているのです。

感性を磨くこと、それが大切な修行になります。

どの状態がよいか、それを身に付けること、そうでなければ軸がずれ本当の答えは出ません。

目標となる気がどこかをしっかり身に付けるのです。

そこはとても心地よいところです。

知識ではなく、感性。

胸鎖乳突筋が教えてくれます。

この筋肉だけじゃなく、身体のあらゆるところに変化が起こります。

だからセンサーはどこでもよいのです。

考えるより感じる。気診にはそれが大切です!