維持するのは自分

    良くなる人と変化が見られない人にはある差があります。

 良くなる人はとても素直です。・・・身体を薏していくには、素直に聴く耳も大切です。

 ・・・素直な人にはこちらの気のもすーっと入っていきます。「気診」を受けた方本人も自分の 身体の変化を素直に感じますので、どんどん良くなっていきます。 (気診で元気!より)

 

病気であってもなくても、素直さというのが人生において大切だなと思っています。

状況を受け入れて、身体の声に耳を傾けつつ、養生法など素直に行うと少しずつ改善していきます。

抵抗しても状況が変わるわけではありません。

言い訳してもよくなるわけではありません。

色々な治療も大切ですが、それと共に養生が重要です。

ご自身のエネルギーを維持しつつ、改善の方向に持っていけるかはご自分の選択にかかっていると思っています。