感情に巻き込まれない

これはとっても難しいのです。

身体を取り巻く気は感情によって変化します。

激しい感情は自分の身体をも痛めます。(気診で元気!より)

 

2000年以上前に書かれた東洋医学の古典には、病の原因として「七情」があるとあります。

つまり七つの感情が病気を引き起こすのです。

七つの感情は、怒り、喜び(過ぎ)、思い煩い、憂い、悲しみ、恐れ、驚きです。

これらの感情を引き起こした過去の出来事を思い出しただけでも、気は乱れます。

強く長くその感情を持ち続けたら、かなりの確率で病気になることと思います。

そのくらい気の異常が起こるのです。

その感情を変えることができるのはご自身だけです。

感情を抑え込む必要はありません。

自然に湧き出すものですから。

怒りや憂いの感情が起こったら早く手放すことです。

楽しいことを考えてもよいですね。