夢中になれるものを探す

いよいよ「気診で元気!」も最後のテーマです。

私が今、もっとも大切に思っていること。

病の方も病でない方も、いつか命の終わりはきます。

それがいつというのも誰もわからないです。

病になってしまった人も、病のことばかり考えていては気は落ちてしまいます。

何か楽しいことを考えて!というのは以前から言っていたのですが、さらにそれを進化させて自分の夢を考えてとお伝えするようにしました。

 

頭の中でイメージして、それをノートに書くことをおススメしています。

絵にしてもよいし、文字の羅列でもよいです。

やりたいことは泉のように湧き出してきます。

実現できてもできなくてもいいのです。

そのことを考えているだけで、気が巡るのです。

ワクワクしてきます!

そのワクワクする時間が大切です。

私の場合は気診講座をしている時がワクワクタイムです。

ですから毎回とても元気になります。

「気診で元気」より

 夢中になっている時間はとても早く楽しく過ぎ、幸せな時間と感じられると思います。

ご自分の気が大きく広がり、とてもクリアな状態になってきます。

 身体も軽く、心も軽く元気になって、ご自身の保湿である気がキラキラと輝き始めていることに気づくでしょう。