続・秋の養生法

立冬が過ぎたので暦の上では冬ですが、もう少し秋の養生法のお話です。

乾燥に弱い臓腑は肺です。

肺は鼻と繋がっているので、前回の「湯気を吸う」が大事になります。

そして臓腑の陰陽から言うと、肺が陰で、それとセットは陽の大腸。

さらに大腸は皮膚と繋がっています。

肺ー大腸、鼻ー皮膚

これらが秋に特に気をつけないといけない臓腑と出先機関です。

東洋医学は本当に面白くて、繋げてみていくとわかりやすいです。

これらは陰陽五行論と言います。

鼻に症状があるときは、肺・大腸がダウンしているなと考えます。

また肺・大腸がダウンしていると、皮膚に症状が出たりします。

そして肺を元気にするのが辛味の食材。

辛い物を食べると鼻がツンとしますよね。

香辛料や薬味と考えます。

これらは少し摂るとよいと私は思っています。

次回はもう少し深くお話してみます。