冬の養生法 (1)

師走です。

寒くなりましたね。

冬は冷えに弱い“腎”を守らなければなりません。

冷たいものは飲まない、食べない

生野菜はやめて、温野菜、お鍋が一番の季節です。

身体を冷やさない。

できたら一日1回30分くらい(その方の状態によります)温め時間を作るといいです。

その昔、私も冷え性でした。

ある時から7年ほどかけて冷え取りをしました。

ちょっと温めすぎちゃったのですが、それをしてから風邪を引かなくなりました。

ちょっと具合が悪くても、すぐよくなります。

身体が温かいということは重要なのだといつも思っています。

最近も温めを始めました。

鍼灸師さんが作ってくれた糠のカイロをチンして使っています。

これが肌触りも、感触も重さもちょうどよくて、さらにいい感じで冷めていくので温め過ぎの心配がありません。

夜寝るとき股関節のあたりやお腹、鎖骨周辺に当てていると心地よい眠りにつくことができます。