心がつくる気の身体

「気診で元気!」最終章

私が最も力を入れて書いたところです。

損だとか得になるとか、そんな価値観で物事をみてしまいがちな昨今の風潮ですが、心と身体はそんなこととは無関係に揺れ動きます。嫌なことは嫌だと身体はきちんと訴えています。それを無視していては具合が悪くなるのは当然です。(気診で元気より)

気診の学校では何度も感情が自分の気に与える影響について学びます。

怒りは肝に、思い煩いは脾にとそれぞれ影響して、長く強い感情を持ち続けると身体を壊してしまいます。

どうして嫌なことをやらないと生きていけない世の中になってしまったのでしょうね?

私はそんなことを考えます。

どうしたら一人一人が自分の中の本来が輝いて生きていけるようになるのでしょうね?

きっとそこが次のステップのテーマなのだなとぼんやり思います。

皆さまも考えてみてくださいね!

今週はまた暑いです。

ご自愛くださいね。

気診の学校2022 10月スタート

気診の学校2022、2年生、3年生の予定が決まりました!

2年生は東洋医学のベースを学びながら気診力をつけていきます。

3年生は3クラスに分かれてそれぞれのスキルをアップします。

食養生クラスは春夏秋冬の季節に合わせて、五臓を元気にする食材、気血水を調える食材を学び、ご自身に一番合うものを気診で選べるようになります。

漢方クラスは、風邪(ふうじゃ)と本治の漢方をそれぞれ学び、ご自分に合う漢方を選択できるように致します。

講師養成クラスは、プライベートレッスンで気診の伝え方を学び、将来講師デビューをしていただけるように致します。

詳細の日程はこちらです。

気診の学校2022 予定

ご予約は、amaclinic@ama-jissen.com  までメールでどうぞ!

お待ちしております!

元気になる法~乾燥に気を付ける

8月になりました。

酷暑が続きますね。

今年は夏が早く始まったので暑いのが長いです。

この時期は湿気もあるので乾燥は気にならないと思いますが、秋になって空気が乾いてくると特に気を付けてほしいのが乾燥です。

そこでおススメしているのが「湯気を吸う」です。

この暑い時期には考えたくないでしょうが、毎日お茶やコーヒーなどお好きなものを飲むときには是非湯気を吸い、香りを楽しみ、それから飲むのは覚えておいてくださいませ。

東洋医学でいう肺は燥に弱いです。

ですから潤いが大切。

毎日温かいものを飲むたびに湯気を吸うという簡単な養生で元気になります!

呼吸もとても楽になります!

気診+メタトロン 神楽坂 8月・9月

もうすぐ8月ですね。

今年は夏が長い気がします。

 

無料体験会は8月27日(土)10:30~残1名

9月24日(土)15:30~残2名です。

 

さて気診+メタトロン、8月・9月の予定です!どちらかのみも可能です。

8月6日(土)

12:00~または16:30~

8月26日(金)

13:00~

9月10日(土)

12:00~、14:00~17:30(最終予約)

9月30日(金)

12:00~15:30予約OKです。

ご連絡お待ちしております!

元気になる法~サプリメントは自分に合うものを

調子が悪くなると不安になるのです。

不安になると何かに頼りたくなるし、何かを取り入れればよいかなと思います。

サプリメントを気診させて頂くので、お持ち頂くと10数種類とかお持ちになる方もいらっしゃいます。

でもご自身でわかっているのです。その中でどれが合うか。。

何となく飲みにくかったり、胃が重くなったり・・・

でも頭の方が優位に働くので、これは必要!と思ってしまうのですね。

でも身体は要りませんと答えを出しています。

その感覚を取り戻しましょう。

人間に本来備わっている能力です。

元気になる法~締め付けない・お知らせ

見える身体とその周囲にある見えない身体。

身体をきつーく締めたら、見えない身体の気の流れはとても悪くなってしまいます。

     腰が痛くなったUさんが相談に見えました。

 今までみたことのないような気のじょうたいです。

 上半身の気はきれいなので風邪(ふうじゃ)ではないようです。

 ウエストから下がガタガタと乱れた気になっていました。 (気診で元気より)

 

補正のベルトをつけてウエストを細くしようとしていたそうです。

外してしばらくして改善しました。

靴下や下着もきつくない方がおススメです。

見た目重視?

気の流れ重視?

 

さて1年生前期の夏季集中講座があります。

この機会に是非!

https://clinic.ama-jissen.com/blog/?p=4890

 

無料気診体験会

久しぶりに気診体験会を開催致します!

(内容)

・気診とは?

・気診養生法

・気診の実例紹介

・気診体験(小倉の気診を受ける・ご自身で気診をする)

 

(場所)東京世話焼きおばさんの縁結びのお部屋

新宿区矢来121 日幸ビル3F

東京メトロ 東西線神楽坂駅2番出口出てすぐ左に、2分

 

(日時)

①7月29日(金) 1回目 13:00~14:00  2回目 15:00~16:00

②8月27日  (土) 1回目 10:30~11:30   2回目 13:00~14:00

③9月24日 (土) 15:30~16:30

 

(お申込) 各回4名様ずつと致しますのでご希望日時をお知らせください。

またコロナの感染状況により変更があります。

メール amaclinic@ama-jissen.com

TEL 09063124664(小倉まで)

気診にご興味ある方は是非お越しくださいね!

元気になる法~首を守る

風邪(ふうじゃ)が最初にくっつくところはご存じですか?

首の後ろのやや下、風門(ふうもん)というツボのあたりからです。

風邪の入り口という意味なのかもしれませんね。

そこから頭の方、肩や背中など広がっていくと考えています。

風邪の引き初めにゾクッとするところです。

 

この時期暑いので、冷房は必須ですが、首の後ろに直接風があたらないように気をつけてくださいね。

電車の中や冷房が効きすぎている場所では、首の後ろをちょこっと薄いスカーフで守ってあげるといいです。

急に暑くなって体調管理が難しい時期、少し気をつけてお過ごしくださいね!